肌にダメージを与えている

ついに誕生日がやってきました。これで私も40代になりました。今までは日焼け止めとローションくらいしか使っていなかったんですが、どう考えても、これまでのスキンケアでは足りない年齢ですよね。自分で出来るエイジングケアには各種の方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)があるらしいので、調べてみたいと考えている今日この頃です。

年齢は自覚していたけれど、お肌を見立ときにシミができていると心が沈みますね。一口にシミといってもも、その形やできた部分がどこか、といったことにより、分類することが可能ですので、ドラッグストアで薬剤師さんに相談したり、皮膚科へ行ってみるのもいいでしょう。市販薬やクリニックの調合薬が万能な訳ではありませんので、頑固なシミでお悩みの場合は、全く趣向を変更して、レーザー照射といった解決方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)もご検討下さい。肌に出来る小皺はなぜできるのでしょう。色々ありますが、必ず上位に挙げられるのは「乾燥」です。

大学病院の皮膚科では皮膚が弱い人は「真夏でも保湿」が常識です。

汗で皮脂が出すぎると肌にダメージを与えているので注意しなければいけません。

真冬以外は忘れがちになりますので、季節にあった保湿をしていくことが大事です。

軽いところではミストタイプの化粧水で保湿してヨレや乾燥を防ぎ、汗をかいたら体の中のみでなく肌にも水分と脂質を補充するなど、充分な保湿を行ないましょう。

毛穴、中でも鼻の毛穴に目立つ角栓があるとおもったより気になるものですよね。

だからといって、洗顔時に無理に取ろうとしてしまうと、かえって肌を傷つけてしまうので、そういったことはお薦めできません。ピーリング石鹸といったものを使用して角栓を優しく取り除くといいでしょう。ただし、使い過ぎるのは逆効果となるので、週に一回から二回くらいの使用にして下さい。

毎年、梅雨と言えばカビを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。人の肌に住んでいる常在菌も、高温多湿といった環境下では増えるのが当然でしょう。中でも、マラセチア菌(真菌)が悪さをする事によって発症するいわゆる「でん風」といった皮膚病がありますが、体の色々な所に発症します。

一見、シミのように見える茶色いでん風もありますが、色素が抜けたように白くなるでん風もあるのです。

毎度のシミとは何か違うかな?と思われたら、皮膚科を受診された方がいいでしょう。皮膚のトラブルで最も多いのはカサカサではないでしょうか。

乾きによる問題はとてもやっかいで、それがきっかけでシワシミが出来てしまったり、肌荒れを起こすようになります。そこでお試しいただきたいのが、化粧水をお風呂上がりにすぐつける事です。

お風呂上りは肌が最も乾燥しているので、10秒を上限に化粧水をつけるのがお勧めです。

湿疹や虫刺されの痕をしつこく掻いたり、風邪や花粉症の症状がある時に鼻を何度もかむと、そんな刺激によってすら、肌は薄くなっていきます。

肌の構造をみてみると、一番外側にあって私立ちが目にしているのが表皮であり、これは薄い層が重なった作りになっていて、傷がついたり摩擦を繰り返されると、表皮の層は摩耗していくといってもいいでしょう。

表皮は皮膚のバリアといった大事な役目がありますが、これが薄くなってくるとそのすぐ下の真皮までダメージが届いてしまいます。こうして真皮までもがダメージを受けて、その為に肌を支える機能が落ちてしまい、結果として肌にシワやたるみができてしまうのです。

年齢を重ねたお肌は色素沈着によるシミがあるものです。と言いながらも、どうにか改善したいと考えるのが女心です。シミを改善したくて私が試したことと言えばビタミンC誘導体を最初に導入し、ハイドロキノンもまた使ってみましたが、それでも満足できず、結局、レチノールを使っている状態です。最終的に、シミを取り除くには、レーザー治療といったことになるのかもしれません。

みかんのような柑橘類は、ビタミンの宝庫です。新陳代謝を高め、お肌にシミができるのを防ぐためにぜひ食べてほしいものです。みかんを食べるときには、タイミングに注意して下さい。

紫外線を浴びる前、朝からたくさん食べると、柑橘類に多く含まれるソラレンといった成分が紫外線へ敏感に反応するように作用し、お肌のためには逆効果になってしまいます。美肌やシミ予防を考えて、紫外線を浴びない夜に食べましょう。朝は時間が少ないので、十分に時間をかけてスキンケアできない人も多数だと思います。一分は朝とても貴重ですよね。

でも、朝に行う肌手入れをちゃんとしていないと、ゲンキな肌で一日を維持が出来ません。

楽しい一日を過ごすためにも、きちんと朝にスキンケアを行ないましょう
シルキーカバー